2年周期で家賃交渉をしてみては

2年周期で家賃交渉をしてみては


2年周期で家賃交渉をしてみては
"今現在日本で賃貸の需要と言ったらやはりワンルームタイプですが、もちろんファミリータイプも多くあります。
中には「この条件でこの家賃なんてありえるの?」という掘り出し物件も見つけることが出来るのです。値下げの交渉をする時には必ず合計支払金額で計算するようにしてください。
賃貸契約期間は一般的に二年間となっていますので、値下げ交渉は2年間単位で計算をするようにしましょう。

もし値下げの交渉を考えているのでしたら家賃と礼金の2つとなります。
これら2つの値下げ交渉というのは、よっぽどのことが無い限り難しいので、あまりしつこく値下げ交渉をするのは避けましょう。
交渉をすることが出来るものは家賃、礼金、敷金の3つとなります。
しかし敷金というのは一時的に大家さんに対して預けるお金で最終的には返還されますので、値下げ交渉をしてもあまり意味が無いかもしれません。"



2年周期で家賃交渉をしてみてはブログ:08 11 2019

少子化の社会で、
一体何が一番深刻な問題なのかというと、
お母さんが育児をしていても
幸せを感じられなくなってしまうということだと思う。

最初の赤ちゃんを産み育てる時は、
どうやったとしてもお母さんは新米ゆえに、
いたる所で失敗をしまくる…

しかも赤ちゃんは18時泣きをしまくるし、
自分は睡眠不足になってしまうので、
「おれはなんて不幸なんだ」と思うようになる。

しかし子どもを3人以上も産めば、
赤ちゃんが18時泣きをするのは、当たり前ということが解るものだし、
もしも18時泣きをしなければ、死んでいるということなのである。

子どもを3人以上育てたことで
お母さんには「育児力」がしっかりとつくので、
育児を思いっきり楽しめるようになるのだ。

そういうお母さんの精神状態が
子どもの脳に良い影響を与えない筈がない。

お母さんがお母さんとして一人前になるからこそ、
子どもたちは健全に成長して行くことができる。

お母さんが一人前でなければ、
過保護や過干渉を繰り返してしまうのは当たり前のこと。

子どもの数が少なければ、
お母さんだって子供との距離を掴めないので、
子どもとの距離を適正に保つためにも、
お母さんが3人以上の赤ちゃんを産むしかないのである。

子どもが1人しかいなければ、
経済的負担は少ないから、裕福になれると思ってしまいがちだが…

もしも子どもが死んでしまったら、それこそ子孫が絶えてしまうし、
もしも子どもがグレてしまったら
自分たちが望むような未来を実現させるのは難しいだろう。

子どもの数が多くいれば、
子どもが1人死んだとしてもスペアはあるものだし、
デキの悪い子がいても
それ以外のデキのいい子に期待すればいいのだ。

2年周期で家賃交渉をしてみては

2年周期で家賃交渉をしてみては

★メニュー

2年周期で家賃交渉をしてみては
審査に合格することで賃貸契約が可能
理想を叶えるのは良い不動産屋を選ぼう
駅前などに店舗を構える不動産屋
賃貸物件にもタイプがある
まずは不動産屋のクチコミ情報をチェック
自分なりの賃貸条件を設定
安全安心のマンション型賃貸物件
管理費や駐車料金なども確認
実際に生活をしているイメージで現地調査


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)信じられない!理想的な賃貸がある